2017年01月01日
2017年初詣


利用者とスタッフ、ヘルパーが参加する恒例の初詣が千葉市中央区の寒川神社で行われました。社会福祉法人になってから初めてとなる2017年元旦の初詣には、早朝にもかかわらず総勢40人近くが集まりました。スタッフ一同、今年も利用者と地域住民のためになる活動に取り組んでいこうという決意を新たにしました。
  

 2016年8月21日

「グループホーム りべらる」開所式&内覧会

かねてより千葉市中央区川戸町に建設中だった「グループホーム りべらる」が遂に完成し、お披露目の開所式がとりおこなわれました。台風接近の報を受けて心配されていた天気でしたが、新たな門出を祝するかのように夏らしい日差しが照りつける良き日となりました。

式は13時より「グループホーム りべらる」のホールにて開催されました。地元自治会関係者や川戸小学校の平田政人校長、「社会福祉法人 りべるたす」を支えてくださっている福祉関係者をはじめとして、これからグループホームに関わってくださる100名を超える皆様の出席をたまわり、たいへん盛大なものとなりました。会場のホールでは収まりきれず、立ち見をしているかたもいらっしゃいました。

「グループホーム りべらる」が完成し、川戸の地でサービス提供を開始したことを「社会福祉法人 りべるたす」理事長の伊藤が宣言し、それに引き続き来賓のあみなか肇様(千葉県議会議員)、ひるた浩文様(千葉市議会議員)、渡部靖久様(千葉みらい響の杜学園 施設長)そして長谷川政美氏(千葉市第21地区自治会連絡協議会 会長)よりお祝いのお言葉を頂きました。地域の皆様の温かいまなざしと、グループホームへの期待というものが感じられ、社会福祉法人としての責任の大きさを改めて認識し、身の引き締まる思いがいたしました。

福寿院、田中義元様立ち会いの下でお祝いの鏡割りと乾杯がおこなわれ、会場の皆様に升酒が振る舞われました。その後は歓談のひとときとなり、余興で楽しんでいただきました。

開所式とともに、地元住民や福祉関係者のかたがたが「りべらる」に親しんでもらえるように内覧会も開催されました。地域の子供たち向けの縁日や流しそうめんなどのイベントも企画され、とてもにぎやかな一日となりました。また、内覧会には「りべるたす」の利用者様、利用者様のご家族にも来ていただき、新しいグループホームの完成を祝っていただきました。

これから「グループホーム りべらる」は福祉の拠点として、生活をされる利用者様のため、そして地域の皆様のために歩んで参ります。


※クリックで大きな画像へ
 

 2016年7月23日

本日より下総中山でグループホーム「はれ」のオープンハウスがスタートします。
土居内科医院さんが運営する「ビレッタディーオーアイ」が2、3階で介護保険の単独型ショートを20床、1階でりべるたすの空床利用型短期入所付グループホーム「はれ」の運営が8月1日から始まります。
おうちで暮らすためにはもしもの時の在宅バックアップの...場所が必要です。普段、利用しなくてもいつかもしもの時におねがいできるとこがあれば続けられる、当てがあるから大丈夫と思っていただる場所になれたら幸いです。
昨日は早速在宅のALSの方から来月利用したいと申し出をいただきました!ケアマネさんたちと来週会議をして詰めていきます。

 
  
  2016年3月31日

オリィー研究所の方々がOriHime(分身ロボット)を連れて千葉にお越しくださいました。
病床の方が行きたいところに行けない・・・そんな時自の分身として活躍してくれます。